会社設立を代行してくれる業者

東京で会社設立する計画を立てている人の中には会社設立業務を代行してくれる業者に依頼する人が増えていると言われています。
インターネット上で会社設立関連の話題を見ていても、「会社設立代行業者」というワードをよく目にするようになりましたし、その需要は年々増しているそうです。
それでは会社設立代行業者は実際にどんなことをしてくれるところなのか、ここでは少し詳しく説明していきたいと思います。

まず会社設立代行業者のもっとも大きな特徴は会社設立業務をトータル的にサポートすることもできますし、部分的にサポートすることもできるという幅広さです。
たとえば税理士であれば会社設立業務に携わることはできますが、主に税金に関する業務がメインになりますし、司法書士もトータル的なサポートができますが税金に関する業務の代行はできません。
しかし会社設立代行業者はすべての手続きを代行できますから、会社設立について知識がない人でもスムーズに手続きを進めていけるのです。

なぜこのようなことが可能かというと、会社設立代行業者にはあらゆる専門家が所属している、あるいは事務所と提携しているからです。
したがって会社設立のための手続きの際には司法書士や行政書士、税金関連については税理士、法律関連については弁護士と各分野に任せることができるのです。

また限定的な利用方法としてはたとえば定款の作成は今電子定款が主流になっていますが、これには専用のソフトやそれを扱うスキルが必要になります。
ですからそこだけを依頼することもできますし、定款の作成と登記申請の代行だけして欲しいといった組み合わせもできます。
中にはかなり格安費用で利用できるところもあって、事務所へ依頼するより安いコストで利用できるケースも少なくありません。
このようにこれから会社設立する人にとってたくさんのメリットがあるからこそ、選ばれており、これからさらに注目度を増していくことが予想されます。