会社設立の費用

東京にはたくさんのビジネスチャンスがあり、新たに会社設立をしようと計画している起業家も多いのではないでしょうか?
個人事業は開業届を提出すればひと段落という感じでしたが、会社設立となるといくつかのステップを踏んでいかなければなりません。

まず第一に定款の作成と認証で、現在定款は紙ではなく電子定款が主流になっていて、専門家の力を借りる人が多いですからその依頼についても考えなければいけません。
そして登記手続きでは必要書類が多くなりますし、登記書類の作成もしなければなりませんので結構大変だな…と思うかもしれません。
それでもきちんと流れを把握してスケジュールを立てればスピーディに進めることができますので、まずは何をすべきなのかを明確にしてください。

また、会社設立するときにかかる費用は誰もが気になるところだと思いますが、これもきちんと把握しておく必要があります。
会社設立に必要な費用は株式会社の場合、まず定款の認証手数料が50,000円と謄本手数料2,000円など、紙の定款にする場合は印紙代が40,000円かかります。
さらに登記申請時に登録免許税が150,000円かかりますから、株式会社を設立するなら最低でも200,000円から240,000円はかかるということになります。
合同会社の場合は定款の認証が必要ありませんので認証手数料が無料になりますし、登録免許税も60,000円ですから株式会社よりもコストカットすることができます。

会社設立にかかる費用はこれだけですが、会社運営していくために必要な費用はまだまだいろいろなところにかかります。
その代表的なものが資本金で、資本金は会社運営をしていくためにもっとも重要なお金で、スタートの段階で3か月分の運営費を賄えるくらい用意しておいたほうがいいと言われています。
派遣会社のように最低でも2,000万円の資本金を必要とする場合もありますから、業種によっては資本金の指定がないかもチェックしたほうがいいでしょう。