会社設立の専門家

東京で会社設立しようと思ったらライバルも多いですし、しっかりと準備して進めていきたいものです。
しかし会社設立は個人事業とは違って開業届を出せばすぐにはじめられるわけではありませんし、ステップを踏んでいかなければなりませんから専門的な知識やスキルを必要とする場面もあります。

そんなときに頼りになるのが会社設立をサポートしてくれる専門家で、初めて会社設立する人はもちろん2回目以降の人も専門家の手を借りて手続きを進めていく人は非常に多いです。
そこで今回は会社設立をサポートしてくれる専門家を紹介していきますので、特徴に合った依頼をしてください。

まずはじめに企業と非常に大きなかかわりがあるものと言えば税金で、法人になると法人税がかかったり、私たちの生活にも密接した消費税についても知っておかなければなりません。
そのほかにも年末調整や確定申告といった税金にかかわる手続きをやっていかなければなりませんから、素人だけではなかなか難しいでしょう。
企業では税理士と早くから顧問契約して税金関連の問題は任せているというケースも多いです。

次に会社設立にはたくさんの書類を作成しなければならず、ここに多くの時間を取られてしまいますが、そんなときに手続きのプロである司法書士に依頼すればスムーズに手続きができるようサポートしてくれます。
司法書士の大きな特徴として書類作成と代理業務が同時にできる点があげられ、たとえば電子定款の作成や認証手続きもできますし登記書類の作成や法務局での申請手続きは司法書士にしかできない仕事です。

また、許認可手続きが必要な場合におすすめしたいのが行政書士で、行政書士は書類作成もできますが許認可手続きも得意分野としています。
費用も司法書士より安いですから、許認可手続きだけでなく書類作成だけ依頼したいというときにも便利です。
そのほかにもトラブルがあったときにすぐに対応できるように弁護士と顧問契約する企業も多いです。