会社設立に必要な手続き

これから東京で会社設立したいと息巻いている人も多いと思いますが、会社設立するうえで必要な手続きとはどんなことでしょうか?
会社設立手続きは個人事業主のように開業届を出して終わりではなく、いろいろな手続きをしなければなりませんので、スケジュールを把握して流れを決めて行動するようにしてください。

会社設立手続きにはいくつかのステップがありますが、まず最初のステップは定款の認証手続きです。
定款の認証は株式会社のみ必要な手続きで合同会社などほかの会社形態では必要ありませんが、会社設立する人のほとんどが株式会社だと思いますので把握しておきましょう。
定款の認証手続きは定款を作成したあとに公証役場で行い、その際に作成した定款3通と発起人の印鑑証明書、さらに認証手数料50,000円や謄本手数料2,000円などを提出します。
印鑑証明書は発起人が自身の居住地の管轄の市町村役場へ行って取得します。

定款の認証手続きの次に目指すのが登記申請で、これは法務局で行う手続きです。
登記申請が通れば晴れて法人となりますので、ここが会社設立のひとつの区切りになると言っていいでしょう。
登記申請に必要な書類は登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼り付けたA4用紙、 定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役の印鑑証明書、資本金の払込を証明する書類、印鑑届出書、登記すべきことを保存したCD-RかFDになります。
これらのひとつでも漏れがあると申請が通りませんので、あらかじめ漏れがないか必ずチェックしてください。

最近では司法書士に登記書類の作成を依頼して手続きを代行してもらう人も増えており、これだと確実に登記申請ができて安心です。
登記申請が通ったたら、その後は会社の印鑑証明書を発行したり税務署・都道府県税事務所・市町村役場への届出、社会保険関係の手続き、インターネット回線の契約手続きなども必要になります。