会社設立におすすめな事務所はどこ?

東京で会社設立を考えている人の中には専門家の事務所を訪ねて相談したいという人も多いと思いますが、会社設立をするときにもっとも適切な事務所はどこか分からないという声をよく耳にします。
会社設立にかかわることができる専門家はいくつか種類がありますので、一概にここに依頼すれば一番良いというおすすめをすることが難しく、まずは自分がどんなことをサポートして欲しいのか明確にしなければなりません。
そこが明確になればそれに適した専門家のいる事務所に依頼すれば良いので、まずはどこをサポートして欲しいのかをまとめてみてください。

たとえば税金関連のことをサポートしてもらいたいのであれば税理士事務所が一番で、税理士は税金全般のスペシャリストですから税金に関するサポートはすべてできます。
税理士に依頼する場合はその都度というより、顧問契約して長く付き合っていくほうがお互いに信頼関係も生まれやすいです。
なぜ顧問契約がおすすめかと言うと、起業は税金は常時かかって来るものですし税法が改正されたときにもすぐに対応できるからです。

次に限定的なサポートを必要とする場合、たとえば会社設立の手続きをサポートして欲しいというときには司法書士事務所がおすすめです。
司法書士は手続きのスペシャリストと言われており、定款の作成業務はもちろん登記書類の作成や法務局への申請業務もできるので、はじめから最後までしっかりサポートしてくれます。
代理業務が可能ということで自分が会社スタートに向けて業務に集中できるというメリットもありますし、トータル的なサポートを望むなら一番いいでしょう。

また書類作成だけをやって欲しいということであれば司法書士よりも行政書士のほうが費用が安いのでいいかもしれません。
行政書士は許認可手続きも得意なので、飲食業や警備業、古物商など許認可手続きが必要な業種をはじめたい場合には行政書士のいる事務所を探して依頼するといいでしょう。